グローバル化の波を乗りこなす【不動産投資に必要な事を知ろう】

電卓と家の模型

最初の1戸を保有しよう

一軒家

ローンを利用しよう

毎月まとまったお小遣いが欲しいと考えているのであれば、中古ワンルームマンションでの不動産投資を始めてみましょう。都市部の中古ワンルームマンションであれば、1戸当たり5万円から8万円程度の家賃収入が見込めます。3戸の中古ワンルームマンションを保有すれば、サラリーマンの平均的な1ヶ月分の給料と同じくらいの収入を得ることができます。投資資金が準備できなくて中古ワンルームマンションでの不動産投資を始められずに悩んでいるのであれば、ローンを利用することを考えてみましょう。最近では、銀行などの金融機関からお金を借りやすくなっています。20代でもローンを組むことは可能です。不動産会社とも提携しているところがあります。

若いうちに始めよう

若いうちに勇気をもって不動産投資を始めれば10年後、20年後の人生は大きく変わっている可能性があります。現在、資産総額が5億や10億の大家の中には、以前はサラリーマンだった人も少なからずいます。1戸の中古ワンルームマンションから不動産投資を始めて、次第にその保有戸数を増やしていき、1棟アパートや1棟マンションを保有して、年間家賃が1000万円を超えるようになったというケースもあります。不動産投資をすれば資産が加速度的に増えていきます。そのための第1歩をいつ踏み出すかという問題だけです。近い将来のイメージを持ってみましょう。不動産投資を始めることで、将来のイメージを大きく膨らませることができます。